忍者ブログ

『歴史評論』編集長つぶやきブログ(編集後記より)

                                                                                                                                                                                        お気軽にご意見・ご感想をお寄せください。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドーネーション(寄付)

少し前のことになりますが、アメリカの友人の子供が生まれてすぐに原因不明で亡くなりました。共通の友人が、子供の難病研究を支援する機関に寄付をしたいと言いました。弔意を示すという以上に、なにもできないのがもどかしい、なんとかしたいという気持を形にしたいということだったと思います
寄付というのは、寄付を受ける側以上に寄付をする側の気持が大切なんですね。ス
タンフォード大学は、一人息子を亡くしたスタンフォードさんの寄付で設立された。ハーバード大学のワイドナー図書館は、×××号で息子を溺死させてしまったワイドナーさんの寄付で建設された。
アジア研究で有名なハーバード燕京研究所は、アルミニウムで大もうけした大富豪が、異性との間に子供をもうける替わりに行った寄付によって設立された。

このほど一般財団法人として出発した歴科協に対しても、短期間に多くの方々から寄付が寄せられています。そのお一人お一人に寄付を行う思いがあるのだと思います。その思いをしっかり受け止めていくことを、肝に銘じたいと思います。
ところで先月紹介したブログの方ですが、Hさんのコメントが加わるようになりました。そちらも覗いてみてくださいね


(事務のHです。今回は、寄付についてのつぶやきでした。寄付行為には、強い思いがこめられているんですね。歴科協へも本当にたくさんの方から暖かいご支援をいただきました。心よりお礼申し上げます。ちなみに、上の「×××号」は、ある有名な船の名前なのですが、お判りになりましたか?気になる方は、『歴史評論』最新号(708号)の編集後記をチェックしてみてくださいね。)
 
PR

コメント

無題

『歴史評論』2009年3月号を読ませていただきました。特集の「「他者教育」に見るアメリカ」を興味深く読みました。アメリカにおける歴史的な他者教育が、他者の権利や有能性を社会的に認めさせる一方で、「私たちとは違う人間」としての他者を創出してきたとする先生方の論文を興味深く読みました。
あと、浜林先生の論考は、田母神論文の問題点を丁寧に論じていると思いました。
【2009/03/18 18:58】 NAME[伊豆川] WEBLINK[] EDIT[〼]

お礼

丁寧なコメントをありがとうございました。(編集長)
【2009/04/06 16:10】

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/29 久武喜久代]
[05/05 to]
[05/05 online]
[05/05 cialis]
[05/05 order]
[05/05 daily]
[05/03 Pharmd455]
[05/03 Pharmc20]
[05/03 Pharme686]
[05/03 Pharmb874]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
『歴史評論』編集長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

カウンター

アクセス解析