忍者ブログ

『歴史評論』編集長つぶやきブログ(編集後記より)

                                                                                                                                                                                        お気軽にご意見・ご感想をお寄せください。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

特集「歴史をどう学ぶか」に寄せて

私の記憶が確かならば、高校生のころ「君が代」を歌った記憶がありません。ごく普通の県立高校でしたが、私の母校ではそのころ、入学式や卒業式のプログラムに「君が代」斉唱が入っていなかったのだと思います。それが私の記憶違いだったとしても、一九八〇年代までは全国的にも、「君が代」斉唱を実施していなかった学校が少なくなかったのは間違いありません。そのことの意味について、その当時はもちろん、高校卒業後もしばらくは考えたことはありませんでした。しかし、私は歴史を学びつつ、学習指導要領の改訂や国旗・国歌法の制定をめぐる議論を知るなかで、「君が代」をめぐる問題の意味を理解するようになりました。近年、良心的な教員にとって、卒業式・入学式のシーズンは重苦しい季節となっています。大阪の高校では、教職員がきちんと歌っているかどうか、管理職が口元までチェックしていたことが報じられました。こうなったらいっそのこと、最初の出だしの「き」を「た」に替えて歌ったらどうか、などと妄想したりしますが、どんな歌にしたところで国歌は現代版の踏絵となる可能性があります。歴史を学ぶとは、このような現代の諸問題をあぶり出すことでもあります。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/29 久武喜久代]
[05/05 to]
[05/05 online]
[05/05 cialis]
[05/05 order]
[05/05 daily]
[05/03 Pharmd455]
[05/03 Pharmc20]
[05/03 Pharme686]
[05/03 Pharmb874]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
『歴史評論』編集長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

カウンター

アクセス解析